通販サイト「SHIMANTO ZIGURIストア」

一人商店しまんとオープン

【2019年産】しまんと紅茶

常温|クール便
【2019年産】しまんと紅茶 50g
紅茶葉
イメージ
【2019年産】しまんと紅茶 50g 紅茶葉 イメージ
四万十産の茶葉を自家発酵で丁寧に仕上げた和紅茶。 さっぱりとして飲みやすく香りも楽しめる紅茶です。
【この商品は2019年産 紅茶葉です。】
価格 ¥ 600 +税:48 円
[ 6 ポイント進呈 ]
【2019年産】しまんと紅茶 50g
紅茶葉
イメージ
【2019年産】しまんと紅茶 50g 紅茶葉 イメージ
淹れたての紅茶から広がる、やわらかな香り
初夏の茶葉からつくられるしまんと紅茶

しまんと紅茶は無糖でもどこか甘さが感じられ、砂糖なしでも飲める紅茶に仕上がっています。
しまんと紅茶のやわらかく穏やかな風味を活かし、「しまんとロール紅茶巻き」や「紅茶大福」など今ではたくさんの紅茶商品がつくられています。

実は茶どころ、四万十川を眺める茶畑
40年前の紅茶を復活

しまんと紅茶に使われる茶葉はすべて四万十町十和産。実は、四万十は知る人ぞ知る隠れたお茶どころです。
よいお茶の条件には、雨が多く水はけのよい傾斜地、昼夜の温度差があり霧が発生しやすい、大きな川があるなどの環境の要因がいくつもあります。 四万十町十和にはそれらの条件を支える四万十川や周りを囲む山々があるため、おいしいお茶が育ちます。

収穫は手摘み・手刈りが基本
四万十の茶葉は手摘み手刈り

四万十の茶畑は傾斜地にあるため、大型の機械が入りません。そのため、そのほとんどが手摘みと手刈りで収穫されます。 手間ひまはかかってしまいますが、その分古い葉が入らず、繊細な味につながっています。 しまんと紅茶は四万十で収穫された二番茶を使用しています。

40年の月日を経て復活した四万十の地紅茶
しまんと紅茶

四万十では1970年頃まで紅茶がつくられていましたが、当時の風潮は緑茶が人気で、時代の流れにしたがって四万十での紅茶作りはストップしてしまいました。

そのようななかで紅茶を復活させる取り組みが始まり、2007年に誕生したのが「しまんと紅茶」です。 爽やかな香りとともに、お茶本来の深みを残し、どなたでも飲みやすい仕上がりになっています。

人の五感を頼りに仕上げる昔ながらの製法
人の五感を頼りに手づくりで仕上げるしまんと紅茶

収穫したばかりの新鮮な茶葉をやわらかく揉み、茶葉のもつ発酵力を自家発酵で引き出しています。

昔ながらの製法

揉み加減や発酵の時間などを人の五感で調整する昔ながらの製法で仕上げています。

名称
紅茶
原材料
紅茶
内容量
30g
賞味期限
発送時に期限が60日以上のものをお送りいたします
保存方法
直射日光や高温多湿を避けて保存
移り香にご注意ください。
製造者
合同会社 広井茶生産組合
前へ
次へ