通販サイト「SHIMANTO ZIGURIストア」

新栗 予約 しまんと地栗 和栗 お取り寄せ モンブラン

今年の新紅茶が出来ました!
【2020年産】しまんと紅茶

常温|クール便
【2020年産】しまんと紅茶 50g 茶葉 新茶
紅茶葉
パッケージ
【2020年産】しまんと紅茶 50g 茶葉 新茶 紅茶葉 パッケージ
2020年の新紅茶できました!100%四万十産の茶葉を自家発酵で丁寧に仕上げた、地元のお茶農家さんも納得の、甘く香り高い紅茶です。
【この商品は2020年産 紅茶葉です。】
価格 ¥ 600 +税:48 円
[ 6 ポイント進呈 ]
【2020年産】しまんと紅茶 50g 茶葉 新茶
紅茶葉
パッケージ
【2020年産】しまんと紅茶 50g 茶葉 新茶 紅茶葉 パッケージ
しまんとの地紅茶

海外で大量に作られた食材が、安く、そして簡単に手に入るようになってしまった今の時代。 少しずつ純日本製のものが見直され始めましたが、しまんとの広井茶生産組合では15年ほど前から地元で採れた茶葉を使った純しまんと産の和紅茶を製造・販売しています。

茶葉と四万十川の写真

なぜしまんとで紅茶を作り始めたのか。 きっかけは、50年ほど前に農業協同組合に十和のお茶農家さんから紅茶を作れないかという相談があったため。 当初農協で作っていた紅茶は美味しいと評判でしたが、時代の流れで製造は緑茶に切り替わり、一旦紅茶の生産はストップしてしまいました。
35年の月日が経ち、再びしまんとの紅茶を復活させようと広井茶生産組合が立ち上がり、 今では「しまんと紅茶」の名でひとつのブランドとして確立しました。

ペットボトル・茶葉写真
収穫のこだわり

四万十の茶畑はせまく、傾斜地にあるため大型の機械が入りません。 そのため、ほとんどの茶葉が手摘みと手刈りで収穫されます。 余分な古い葉が収穫されないため、紅茶の繊細な味につながります。 収穫された一番茶は緑茶になりますが、二番茶は発酵させて紅茶になります。

手刈りの様子

「今年は雨が多いけんねぇ、茶葉の伸びが遅い」という矢野健一さん。「摘むのが難しい」とも。 長年紅茶づくりを任されている健一さんは、33歳の時に広井茶生産組合の「紅茶」の担当になり、今まで15年紅茶づくりをされているベテランです。
今年は雨が多くなかなか収穫ができず、湿気が多いので茶葉の乾燥にも時間がかかり、紅茶づくりは難航…。 しかし少しずつ完成した新紅茶が出せるようになりました!

健一さんと茶葉写真
淹れたての和紅茶から広がる、やわらかな香り

しまんと紅茶は無糖でもどこか甘さが感じられ、お砂糖なしでも飲める紅茶に仕上がっています。 その製造方法は、収穫したばかりの新鮮な茶葉を乾燥させてやわらかく揉み、茶葉のもつ発酵力を自家発酵で引き出しています。

機械・乾燥の様子
紅茶の入れ方イラスト
名称
紅茶
原材料
紅茶
内容量
30g
賞味期限
発送時に期限が60日以上のものをお送りいたします
保存方法
直射日光や高温多湿を避けて保存
移り香にご注意ください。
製造者
合同会社 広井茶生産組合
前へ
次へ